闇金と銀行カードローン

闇金並に危険?銀行カードローン

銀行カードローンが借りやすい理由とは?


銀行カードローンはネットで簡単に申し込めて融資を受けられます。銀行と聞くと審査が厳しいイメージがありますが、銀行カードローン会社によっては審査が甘く、収入証明書が不要で驚くほど簡単に借り入れできる所もあります。

最近は消費者金融ではなく、こうした銀行カードローンから借り入れする人も多いです。

その最大の理由は融資金額の上限が無い事と、銀行カードローンはATM(現金自動預け払い機)で楽に借り入れできる事。なので、利用額が年々増えています。

一方、消費者金融は2006年の貸金業法の改正により、その人の年収の1/3以内の金額が融資の上限です。

また、利息制限法の上限となる20%を超える金利も適用できなくなりました。これは複数の消費者金融から借金する多重債務者が社会問題となったことにより、上限規制が設けられた結果です。

しかし、銀行カードローンはと言うと貸金業法の適用外!融資額の上限が無いので消費者金融より多くの金額を借り入れる事が可能なのです。 無収入でも借り入れる事も出来てしまいます。

銀行カードローンは有名タレントを広告塔に頻繁にキャンペーンをするなどして、年々融資枠を増やしています。

低所得、障害者、高齢者世帯の救済

銀行カードローンから借り入れなければいけな理由として、健康上の理由で自分が働けなくなった、親の介護が必要になったなど、やむを得ない場合もあります。

その時は安易に銀行カードローンや闇金からお金を借りず、公的な救済制度を利用します。

それがこちら。
社団法人 社会福祉協議会の資金貸付制度
以下、社会福祉協議会公式ページの抜粋


先ずは社会福祉協議会に助けを求めてみましょう。

闇金だけでなく銀行カードローンから借りて返済できなくなり、自己破産、任意整理、債務整理に追い込まれる人も大勢います。銀行のおまとめローンも同様です。

多額の借金をしている以上、債務整理をして減額しない限り非常に苦しい生活は変わりませんから、弁護士への相談も検討してみて下さい。

闇金対応弁護士
闇金の嫌がらせや取り立てに困ったら、こちらの弁護士に一報を。
今すぐに助けてくれます。
女性には女性弁護士対応の所もありますのでご安心ください。女性の方はこちら>>


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る