闇金とおまとめローン

銀行のおまとめローンで借金が膨らむ可能性。闇金同様の危険性も。

複数の消費者金融から借り入れしている場合、それをまとめて返済の肩代わりをしてくれるのが、銀行カードローンのおまとめローンです。


例えば、
  • 消費者金融Aから50万円
  • 消費者金融Bから50万円
合計100万円の借り入れをしている場合、銀行のおまとめローンはこれを一本化してくれます。

おまとめローンに申し込めば、銀行が消費者金融に借金返済をするので、あなたは銀行のみに借金返済すればOKとなります。

借金返済のイメージ図

現在

あなた→消費者金融

おまとめローン後

あなた→銀行→消費者金融

あなたは消費者金融とのお付き合いはなくなり、銀行だけとなるので、おまとめローンは一見助け船の様に見えます。でも、ここに思わぬ落とし穴が待っている可能性があるのです。

おまとめローンの落とし穴

おまとめローンを利用するとあなたと消費者金融の関係性は無くなるので、また消費者金融から借り入れることも可能となります。これまで借りていた消費者金融のAとBから、再度借り入れる事が可能ということです。

そうすると、おまとめローンに加え複数の消費者金融から借金してしまうと、あなたの借金は更に膨らみます。その新たな借金をまたおまとめローンにお願いして・・・となると、借金のスパイラルに陥ります。

貸金業法では年収の1/3までしか借り入れできません。年収が400万円の場合はその1/3の133万円までです。

しかし、銀行カードローンは貸金業法の対象外なので、銀行によっては年収の1/3を超える金額を貸す所もありますし、収入証明が無くても貸し付けてくれる銀行もあります。まさに貸金業法の抜け穴ですね。

各社ホームページのおまとめローンを引用、朝日新聞を参考(2017年5月現在)
  • 東京スター銀行
  • 最高1000万円、年利5.8〜14.8%
  • 住信SBIネット銀行
  • 最高1200万円、年利0.99〜7.99%
  • 三井住友銀行
  • 最高800万円、年利4.0〜14.5%
  • スルガ銀行
  • 最高800万円、年利3.6〜14.9%
  • オリックス銀行
  • 最高800万円、年利1.7〜17.8%

銀行カードローンは親切な様ですが、使い方を間違えると借金のスパイラルが可能になってしまう怖さもあるのです。

イメージ図

現在

あなた→消費者金融

おまとめローン後

あなた→銀行→消費者金融

新たな借金

あなた→消費者金融

おまとめローンを再利用

あなた→銀行→消費者金融

・・・これの繰り返しになってしまう恐れも。

おまとめローンの結論

おまとめローンは複数の借り入れを集約すると金利が下がります。金利の高い消費者金融から複数借りるよりも金利が抑えられるので借金返済には有利です。

しかし、おまとめローンを新たな借金元として利用してしまうと、助け船どころか泥船になってしまいます。おまとめローンを利用する時は、もう2度と消費者金融や闇金から借りないという覚悟を持って行きましょう。

※最近は、銀行カードローンは借りやすいとの風潮を受け、銀行が自主規制として収入証明書を200万以上から50万円以上に引き下げる所も出てきています。

闇金対応弁護士
闇金の嫌がらせや取り立てに困ったら、こちらの弁護士に一報を。
今すぐに助けてくれます。
女性には女性弁護士対応の所もありますのでご安心ください。女性の方はこちら>>


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る