闇金相談 取り立て

取り立てが激しい闇金

闇金相談で多いのが、お金の取り立ての方法がひどいというものです。そもそも、闇金というのは、「○○クレジット」や「○○サービス」など、それらしい名前を使って違法業者であることはわからないようにしています。

 

そのため、ほとんどの人は違法業者であるとは知らずにお金を借りてしまっているようです。もしも契約の時点で金利の高さに驚いて融資を断ったとしても、銀行口座を教えてしまっていたら勝手にお金が振り込まれて高額な利息を請求されることもあります。

 

また、最初は良心的な金利を設定していても、口約束であることをいいことに、後になって超高金利を請求されることもあります。そのように、違法業者であることを知らずにお金を借りてしまった人にとって、闇金の取り立てはありえないほどひどいものと感じることだと思います。

 

自宅に押しかけてドアをガンガン叩くのはあたりまえ、物を壊したり、大声で罵倒を浴びせたり、さらには職場や学校に嫌がらせをしてくることもあります。中には、頼んでもいない出前が大量に届いたり、救急車を呼ばれたりすることもあるようです。

 

闇金の取り立てで警察に連絡

警察に連絡をしても、闇金業者は自分たちのしていることが違法だということをわかってやっていますので、警察に捕まらないためのノウハウをもっており、なかなか捕まえることはできません。犯罪ギリギリの取り立てに心が折れてしまって、膨大な利息を払ってしまう人も多いようです。

 

しかし、一度でもお金を払ってしまったら、味をしめられてますます関係を断ち切れなくなります。違法業者との契約は無効であり、利息はもちろん、元本すら払わなくてもよいという最高裁判決が出ています。

 

悪質な取り立てをされたら、すぐに警察に連絡をして、さらに闇金問題に強い弁護士に相談しましょう。

 

法業者にとって一番困るのが、力のある弁護士が出てきて営業ができなくなることです。個人で戦おうとしても、まず相手にされませんので、必ず専門家に相談をして、早めに解決をしてしまいましょう。

 

闇金対応弁護士

闇金の嫌がらせや取り立てに困ったら、こちらの弁護士に一報を。
今すぐに助けてくれます。
女性には女性弁護士対応の所もありますのでご安心ください。女性の方はこちら>>

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

取り立てが激しい〜闇金相談弁護士レポ記事一覧

闇金を利用した場合に、困ることの一つにもし滞納したら契約した本人だけでなく、家族にまで取り立てが来てしまうことが想定されることです。本来、法律の話でいえば借りたお金を返すのは、契約した本人か保証人だけで、家族には何も返済義務はありません。しかし、闇金はそもそも法律を犯して法外な金利を設定している貸金業者かですから、何が何でも返済しようとするのです。万が一家族にまで取り立てが来た場合には、すみやかに...

トップへ戻る