闇金相談 家族に取り立て

闇金取り立てに家族も迷惑する

闇金を利用した場合に、困ることの一つにもし滞納したら契約した本人だけでなく、家族にまで取り立てが来てしまうことが想定されることです。本来、法律の話でいえば借りたお金を返すのは、契約した本人か保証人だけで、家族には何も返済義務はありません。


しかし、闇金はそもそも法律を犯して法外な金利を設定している貸金業者かですから、何が何でも返済しようとするのです。万が一家族にまで取り立てが来た場合には、すみやかに闇金相談をすることが解決への近道です。

このとき、誰に闇金相談をするのか、ということを考えると、法律に違反しているのだから警察というのも選択肢の一つです。警察であれば、弁護士や司法書士に依頼するときのように、費用もかかりませんから、闇金に借りるほど金銭に困っているのであれば魅力的といえます。

問題は、警察が動いてくれるかということです。依頼料を出して頼むわけではないし、警察というのはそれこそ殺人から窃盗、交通違反など様々な事件に取り組んでいます。

そうなれば、緊急性の高い事件を優先して取り組むことになり、取り立てで困っているとはいえ自殺者が出ているわけでもないので、すぐに闇金業者を捕まえてくれるとは限らないのです。

ただ、後々裁判などになることを考えて、警察に被害届を出しておくこともやっておいて損はありません。それを踏まえて、やはり短期間で対処して欲しいというのであれば、弁護士や司法書士へ闇金相談することが最適です。

弁護士と司法書士のどちらが良いのか、ということでは、依頼を受けたということを伝える受任通知を使って依頼人に接触すること禁じて取り立てを止めることが出来ます。

もし、それに闇金業者が応じなければ、すぐに訴訟に持込み処罰が出来るようになりますから、たいていの闇金業者は、弁護士や司法書士が介入した時点で取立てを止めます。

この訴訟になったとき、依頼人の代理人として手続きをすすめることが出来る訴訟代理権を弁護士は持っていますが、司法書士は持っていません。
その点を考えると弁護士に頼むと便利です。

もっとも、闇金問題を手掛ける弁護士事務所はそう多くないですし、費用は司法書士のほうが安いので、どちらが良いのかということは一概には言えません。

闇金対応弁護士
闇金の嫌がらせや取り立てに困ったら、こちらの弁護士に一報を。
今すぐに助けてくれます。
女性には女性弁護士対応の所もありますのでご安心ください。女性の方はこちら>>


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る