闇金の手口

闇金業者の手口

闇金業者の手口は、近年更に増えてきています。

最近増えてきたのが、iPhoneなどのスマホや携帯電話購入型詐欺です。闇金は、信用づくりとしてiPhoneやiPad、携帯電話やスマートフォン、 タブレット端末などを複数購入させる手口です。これは、被害も多く今後も注意が必要な手口です。


また、少額振込詐欺もあります。これは、最初は少ない金額で融資があり、その後数倍もの返済を迫る昔からある詐欺です。他にも手数料詐欺といって、ある程度大きな金額の融資を闇金に依頼したときに、様々な不明確な名目で手数料などを取る方法です。

これ以外にも、システム金融というのがあります。これは自営業や中小企業に対して貸し付けを行う業者で、貸金業無登録で高金利、ダイレクトメールやファックス、チラシなどで勧誘しています。

過去に商工ローンなどから借りた人のリストなどを入手していて、一度でも借りてしまうと、独自のネットワークシステムで、他の同じ闇金から大量に勧誘のチラシなどが届きます。

業者のたらいまわしに合う上に、事業者向けが多いので手形や小切手を担保にとって不渡りを恐れている債務者から高い金利を取り立てます。システム金融は大阪や東京など約2, 000社もあると言われています。

他に、有名な闇金として090金融があります。携帯電話を使い、事務所などは持たないでプリペイド式の携帯電話で連絡をとって、車を使い直接現金の受け渡しを行うので摘発するのも業者の特定が難しいです。

これも、ダイレクトメールやチラシなどを電柱などに貼って、破産者やブラックでも大丈夫などと記載し、個人向けに少ない貸し付けを行います。

最近、増えているのが年金担保金融です。これは、年金を担保に融資を行いますなど新聞の広告欄に掲載し、高齢者から年金証書や振込通帳、印鑑などを取り上げて、お金を融資します。取り上げた証書で年金を受け取り、完済した後も年金証書などを返さずに年金を奪い続けます。

このような闇金に申し込んでしまったときには、直ぐにでも闇金相談に問いあわせてして解決策を見つけましょう。

闇金対応弁護士
闇金の嫌がらせや取り立てに困ったら、こちらの弁護士に一報を。
今すぐに助けてくれます。
女性には女性弁護士対応の所もありますのでご安心ください。女性の方はこちら>>


 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る